« また対談 | トップページ | 谷、恐ろしい娘…。 »

2007年4月 7日 (土)

チーム篠原にはお笑いを!

絶対そう思うよ!←何のこっちゃ。
まぁ、お笑いチーム篠原の話は置いて置いて(笑)、春の柔道ファンのお楽しみ『全日本選抜体重別選手権』が始まりましたね♪秋の世界選手権の選考も兼ねている大会なので、どの階級も白熱した試合になりそうで始まる前からウキウキとテレビの前で正座。放送がフジで色々嫌な予感はしましたがとにかく久々に柔道テレビで見れるのは楽しいね!次いでに解説は男子は篠原(笑)、女子は山口さん。お笑いとシリアスな取り組みですなぁ〜。

さて今日の初日は男子は60kg、66kg、73kg。女子は78kg+、78kg、70kg、63kgの以上7階級の試合がありました。
基本民放ではメダル獲った選手のみの試合放送と云う…何とも締まりない放送でしたが(怒)、まずは男子。
60kg級はもう放送自体も野村中心(笑)。準々決勝からの登場でしたが、決勝までは危なげない試合運び。篠原注目の平岡にも準決勝の試合では彼の柔道させなかったですね。力とか技の切れとかは本来の野村の柔道に戻って来た様に思いますが、ちょっとまだ試合感が足りない。解説の篠原も云っていたけど試合中相手見過ぎです。そして技も受け過ぎ。決勝の福岡との試合は周りの予想に反して白熱したものに。福岡って東海大に居た時、団体戦とかも出ていたよね?確か。動きもいいし、何より野村に今回組み負けしていないのがいいね!江種が負けたの判る気が…。試合は5分で両者ポイント上げられず、そのまま延長へ。中々譲らない試合運びでしたが、半分過ぎた所で野村が相手の懐に思い切り飛び込んで大外、そのまま倒れ込み主審は技ありの判定だったのですが副審から異議が上がり協議へ。見た感じ福岡が野村の大外を返したようにも見えましたが(シドニーの篠原の決勝を彷彿させられたなぁ〜)、ビデオ判定の結果野村に効果ポイントで野村優勝。こう云う微妙な判定の時ってどうしてもメダリストとかの方が心情的に有利なんだよなぁ…。どうせなら仕切り直しにしたらいいのに。
そして66kg級。準々決勝で内柴、苦手篠崎に負けてましたねぇ。アラアラ。そんなに悪くは無かったような気もしますが、今はこんな所か。替わりに今年初出場で筑波大の秋本がこの階級を制しましたね。試合は低い背負いから強引に一本とった映像しか流れてないので何とも云えませんが勢いは有る選手なのかな?若手のこうした台頭は楽しいので頑張って欲しいです。
後、73kg級は久々に金丸が優勝。延長の末ですがキチンとVTRすら流されてない始末。有る意味可愛そう。コメントすら出来ないじゃないこの階級。酷いなフジ。
…と、男子はベテランと若手のバランスが取れた結果でしたね。全部見れた訳ではないので何ですが、今回若手の活躍が色々見れて楽しかったです。新しい血が入ってくるのはいいね!

さて女子ですがまずは78kg+の決勝。予想通り塚田の真希ちゃんと翠ちゃん(チームD!)の争いに。いやでもこの試合もっと白熱したものになるかと思ったら塚田の圧巻でした。実力的にはそんな差がない筈なんだけど、王者の風格か塚田が全然翠ちゃんに自分の柔道させませんでしたね。組み手も取らせなかったし。只ちょっと塚田は自分から攻め込むと柔道を今回見せ無かったので其処が今回の課題か。其れだと中国の選手に勝てませんよ!
78kg級は中澤が延長で穴沢を下し優勝。でも試合流して貰え無かったんだよな。多分安定したベテランらしい柔道をした事を願う←何だよそれ。
70kg級はこの階級の覇者上野がいきなり初戦敗退と云う珍事がありましたが(何だろうな上野のこの精神的な落差は…気持ち切れ過ぎだと思う)、決勝は岡が國原をこれも延長でポイントを獲って優勝。是も試合流してないからコメント出来ぬ。そして63kg級は谷本の試合を中心に試合を流してました(でも、決勝以外は結構ダイジェスト)。今回は試合運びにムラも無く良い形で仕上がってましたね。準決を決めた一本背負いは本当綺麗に相手を投げていたし。決勝では上野(妹)とでしたが、粘りの柔道vs瞬発力の柔道って感じで中々両者ポイントが獲れずこの試合も延長へ。白熱した試合の割に何だか見ていてモッタリした印象の試合でしたな。お互い、上野は大外、谷本は背負いにこだわり過ぎているのも悪いんだけど、こうもっと技を出し合って崩していかないと動きも読まれちゃうしイカンと思うよ。それこそ谷本なんて基本技が多彩な選手なんだし。結局、中盤で谷本が内股に行くと見せかけてそれに反応してしまった上野の足を小外で切り返して技ありのポイントを獲って優勝を決めました。

今回、男子女子共に試合を見たりして思った事は一つ。お互いの選手同士の実力は均衡しているのかもしれませんが、一本を獲る柔道が出来ていない事がちょっと問題だ。国内の大会は是で良いのかもしれないけど、国際大会とかではハッキリとしたポイントが獲れないのは審判の質も悪いので結構前から云っているけど致命的です。チト、9月の世界選手権に不安が残る結果に。
さてさて、明日は2日。いよいよ女子は休養明けの谷が登場!男子は鈴木とかも久々にでますねぇ〜(そして我らのムネムネも!)。果たしてどんな試合を見せてくれるのか。今からとても楽しみでなりません♪明日もテレビの前で正座で試合観戦であります!

|

« また対談 | トップページ | 谷、恐ろしい娘…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136567/14592807

この記事へのトラックバック一覧です: チーム篠原にはお笑いを!:

« また対談 | トップページ | 谷、恐ろしい娘…。 »